ドライアイとレーシックの関連性

仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。

 

レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。

 

ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。



ドライアイとレーシックの関連性ブログ:20-5-23

今は、インスタントとんこつラーメンといえば
カップ麺と袋麺の2種類ありますが、
あたくしが子供の頃は、まだ袋麺しかありませんでした。

世の中で最初のインスタントとんこつラーメンと言えば、
昭和33年に発売された日清のチキンとんこつラーメン。

チキンとんこつラーメンは、
テレビの宣伝では知っていましたが、
発売されてすぐに食べたわけではありませんでした。

あたくしはテレビで見る度に
一度は食べてみたいなと思っていました。

そして、とうとう、
チキンとんこつラーメンを食べる日がやってきました。

たぶん日曜日だったと思いますが、
お母さんが14時食に
チキンとんこつラーメンを作ってくれました。

あこがれのチキンとんこつラーメン…
興奮に胸を躍らせながら、食べました。

しかし、その興奮はすぐに冷めてしまいました。
残念ながら、チキンとんこつラーメンの味は
あたくしのクチには合わなかったのです。

やがて、 
スープと麺が別々に分かれている
インスタントとんこつラーメンも発売されるようになりました。
これは、とてもおいしいと思いました。

一ヶ月に一度くらいは、
日曜日の14時食に
インスタントとんこつラーメンを食べるようになりました。

あたくしの家では、
インスタントとんこつラーメンを食べる時には、
お母さんが巻ずしもつくりました。
とんこつラーメンと巻きずしのセットメニューです。

巻きずしといっても中の具は、
良くてもほうれん草と玉子焼きぐらいで、
じゃことかつおぶしの時もよくありましたが…
あたくしはこのセットメニューが大好きでした。

あたくしの家の食卓によく出てくるインスタントとんこつラーメンは、
テレビでよく宣伝している
いわゆるメーカー品ではありませんでした。

しかし、時々、
テレビで宣伝しているインスタントとんこつラーメンも食べましたが、
いつも食べているのとおいしさは同じだと思いました。