レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能


レーシックで乱視の治療も可能
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。




レーシックで乱視の治療も可能ブログ:21-4-08

ダイエットを頑張っている時こそ、
生理中に食欲がでたり…
体重の変化がなかったり…と気になりますよね。

女性はホルモンのバランスで
からだと心に変化がみられますので、
生理周期に合わせて上手に付き合っていきましょう。

まず、生理前の7日間は、
黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が高まりまって、
新陳代謝が低下するため、むくみやすく脂肪が落ちにくいので、
ダイエットを始めるのはやめておきましょう。

体重は減るどころか、1~2キロ増えることもあり、
精神面ではイライラしたり不安定になったりなど、
不快な症状を感じやすくなります。

また、生理中の7日間も、
生理前と同様にやせにくい時期です。

健康的なダイエットは大丈夫ですが、
体重が減らないからといって
極端な食事制限や激しいトレーニングをすると、
からだをこわすばかりでなく、リバウンドの恐れもあります。

生理中は無理をしないで、
からだにやさしい生活を心がけましょう。
血行が悪くなるので、
ストレッチやマッサージをするのもおすすめですよ。

そして、生理後の2週間は、
自律神経を活発にして、からだの調子を整え、気持ちを安定させる
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まります。

新陳代謝もアップして、肌の調子も良くなり気分もスッキリ!
ダイエットを始めるいい時期ですね。

生理前は、
どうしても食欲が増えたり、
甘いおやつが食べたくなりがち…

3食の食事をしっかり食べることが大切ですが、
どうしても間食したくなったら我慢せずに、
24時間100kcalを目安に間食しましょう。

生理中のダイエットは、
ストレスを溜めずにリラックスすることが一番大切ですよ。



レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能

★メニュー

最新老眼治療のモノビジョンレーシック
保証制度の有無を確認しよう
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックの前には適性検査
レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシックで乱視の治療も可能
交通費を補助してくれるクリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)話題が話題を呼ぶレーシックを選択